◆第3回 清明の会 色々音彩 さまざまな琵琶の演奏会

2019年11月4日(月祝)


◆中国の琵琶 葉 衛陽(ヨウエイヨウ)◆

 

中国杭州生まれ。

10歳から叔父について中国琵琶を学ぶ。

1984年安師範大学音楽学部に入学し、著名な琵琶演奏家 潘雅伯教授に師事、1988年琵琶専攻を首席で卒業。中国のテレビ局で音楽プロデューサーを勤め、1992年に来日。京都教育大学大学院音楽教育専攻修士課程修了。

関西を中心として演奏活動を行い、数多くの「葉 衛陽中国琵琶リサイタル」を開催。繊細なテクニックを駆使して、古典局から現代曲まで幅広く演奏し、高い評価を受けている。

香港国際藝壇より「園丁奨」(教授賞)を贈られ、2012年「第1回遼源国際琵琶文化芸術祭」の琵琶演奏国際コンクールにおいて、「優秀教師賞」を授与、2015年第2回敦煌杯国際琵琶コンクール(北京)で「優秀教師賞」を授与。

CDアルバム「悠々弦韻」Ⅰ~Ⅴをリリース。

中国音楽家協会琵琶研究会会員、長城楽団代表を務める。現在は宇治市在住。

◆日本の琵琶 川村旭芳(カワムラキョクホウ)◆

 

神戸市出身在住。

筑前琵琶日本旭会 総師範 故二代柴田旭堂師のファンだった母の勧めで八歳の頃、師に入門。

現在、筑前琵琶日本旭会 師範。

古典の琵琶曲を継承しながら、新作の創曲にも取り組み、阪神・淡路大震災の追悼曲をはじめ、母 川村素子の作詞による作品も発表。

NHK-FM「邦楽のひととき」ほか、テレビ、ラジオにも出演。

尺八・胡弓などの演奏家四人で結成された和楽器ユニット「おとぎ」代表。

日本詩吟学院 兵庫中央岳風会 会員。

◆ウード 常味裕司(ツネミユウジ)◆

 

1960年、東京生まれ。

日本では数少ないウード奏者。

民族音楽センター(若林忠宏氏主宰)在籍中、アラブ音楽に出会う。

スーダンのウード奏者ハムザ・エル=ディン氏(2006年5月没)のもとで演奏法を学び、89年よりチュニジアへ渡りアラブ世界を代表するウード奏者、アリ・スリティ氏(チュニス国立音楽院ウード科教授、2007年4月没)に師事、本格的にアラブ音楽を学ぶ。

日本においては、アラブ・トルコ古典音楽を中心にソロ活動およびアラブ音楽アンサンブル「ファルハ」や「アラビンディア」を主宰し、様々な演奏家、舞踏家、パフォーマーと共演。2007年(4月~12月)放送のNHKスペシャル「新シルクロード」第2部の音楽、録音にも携わる。

洗足学園音楽大学ワールドミュージックコース・ウード講師。


日時:令和元年(2019年)11月4日(月祝) 14時(13時開場)

場所:湊川神社神能殿 神戸市中央区多聞通3-1-1

チケット:全席自由

 *一般:3,800円(当日4,800円)

 *高校生以下:1,800円(当日2,800円)

 

 

<チケット取扱> ※2019年8月1日発売開始

◆一般社団法人日本文化舎:090-8218-0280

◇湊川神社神能殿:078-371-1358(10時~18時)

◆神戸国際会館プレイガイド:078-230-3300(10時~18時)

チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:159063)

ローソンチケット:Lコード:56344

 

<出演者>

筑前琵琶:川村旭芳

中国琵琶:葉 衛陽

ウード:常味裕司


主催:一般社団法人日本文化舎

後援:湊川神社

   神戸市

   神戸市教育委員会

   公益社団法人兵庫県芸術振興財団

   公益社団法人神戸市民文化振興財団

   関西元気文化圏

一般社団法人 日本文化舎 

 TEL:090-8218-0280

 E-mail: info@nipponbunkasha.jp